投資ファンドとは

行政書士 無料相談


 border=

HOME

 border=

 border=


 border=

ファンドとは

 border=

 border=


 border=

ファンドの種類

 border=

 border=


 border=

ファンドビジネスを行うには

 border=

 border=


 border=

金商法でのファンド規制

 border=

 border=


 border=

有価証券とは

 border=

 border=


 border=

みなし有価証券とは

 border=

 border=


 border=

デリバティブ取引とは

 border=

 border=


 border=

適格機関投資家等特例業務

 border=

 border=


 border=

第二種金融商品取引業

 border=

 border=


 border=

投資運用業

 border=

 border=


 border=

不動産特定共同事業許可

 border=

 border=


 border=

当社について

 border=

 border=


 border=

お問合せ

 border=

 border=
 border=
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


トップページ > ファンドとは
ファンドとは
■ファンドの定義

ファンドは、投資家からの金銭等の出資を集め、集めた資金を有価証券やデリバティブ取引、不動産、商品、事業等に投資を行い、その投資から発生する収益を投資家へ分配する形態をいいます。

■ファンドを規制する法律

投資家から金銭を集め、その運用を行い、収益を投資家へ分配するビジネスは、当然ながら法律に基づいて行うことが義務付けられており、必ず許可や登録、届出などの手続を行わなければなりません。

ファンドに関するビジネスを規制する法律は下記で、投資先により分類されています。

金融商品取引法

投資家から集めた資金を主に有価証券で運用する場合

不動産特定共同事業法

投資家から集めた資金を主に現物不動産で運用する場合

商品ファンド法(商品投資に係る事業の規制に関する法律)

投資家から集めた資金を主に商品先物、商品先物指数、商品オプションで運用する場合

■ファンドの意味

最近では、ファンドという言葉はメディアを通して頻繁に耳にしますが、その実態はわかりづらいものがあります。

ファンドは、目的に応じて様々な形態がとられており、ファンド組織を総称して「ヴィークル」と呼んだりもします。ちなみに「ヴィークル」は「器」という意味です。

この「ヴィークル」を使い「SPV」とも表現されます。「SPV」とは「Special Purpose Vehicle」の略で、ファンドは、特別な目的(投資家資金を運用する)のためだけに設立される組織です。

また平成19年に証券取引法を改正して施行された金融商品取引法では、このファンドの持分のことを「集団投資スキーム持分」と規定されています。

■ファンドには、組合形式・法人形式・信託形式に区別される

現在、ファンドは大きく3つに区別されます。組合形式・法人形式・信託形式です。

最も一般的なのは、匿名組合や投資事業有限責任組の組合形式のファンドですが、投信やJ-REIT(不動産投資信託)の信託形式のファンドもメジャーです。

それぞれのファンドの詳しい説明は、ファンドの種類にて致します。

投資ファンド
Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.